推薦のことば

久保真先生(関西学院大学経済学部教授)より推薦のことばをいただきました。

大学受験生のみならず日本語を母語とする人一般をして、理解せしめる助けとなる解析エンジンこそ、横山雅彦氏の提唱する「ロジカル・リーディング」ではないかと思います。

  • ロジカル・リーディングとは

    カリスマ英語講師・横山雅彦が独自に体系化した、地上最強の英文読解法、横山雅彦のロジカル・リーディングとは。

  • 合格体験記

    横山先生の授業を受けて、英語力アップに成功した社会人・大学生の方々による合格体験記。

  • セミナー・講演案内

    中学高校の先生方、受験生、一般学習者向けのセミナー・講義・講演のご案内。お問い合わせ、お申し込みもできます。

「超」入門! 論理トレーニング

「伝えたいことを相手にうまく伝えられない」のはなぜか? 日本語をロジカルに運用し、論理思考をコミュニケーションとして使いこなすためのコツを伝授!

 日本は、アジアにおいて、英語を母語とすることなく、高度な近代化を果たした「世にもめずらしい国」です。英語ではない母語で高等教育や先端研究を行い、20人以上のノーベル賞受賞者を輩出している国は、日本だけです。
 その原動力となったものこそ、明治の知識人たちが生み出した「現代国語」でした。現代国語とは、平たく言えば、「論理的な日本語」です。もともと日本語に「論理」は存在しませんでした。「論理」は、いわば英語の「心の習慣」です(“logic”の訳語として「論理」という言葉が生まれたのも、明治のことです)。つまり、現在われわれが日常的に用いている現代国語は、明治の近代化によって、英語的に大改造された日本語なのです。

新書: 256ページ
出版社: 筑摩書房 (2016/8/4)
ISBN-10: 4480069054
ISBN-13: 978-4480069054
発売日: 2016/8/4